50代の基礎化粧品を利用する【パーフェクト美肌術】

女性

肌に負担を与えないこと

敏感肌用が良いです

化粧水

50代になると、お肌の老化が急速に目に見えて現れてきます。また、たるみ、しみ、しわなど40代の頃に悩んでいたお肌のトラブルがさらに深くなってきます。ですので、50代のスキンケアでは、40代の頃以上にきちんと保湿をすることが大切です。50代の基礎化粧品としておすすめなのは、敏感肌用の基礎化粧品です。40代で経験する人もいますが、ほとんどの女性は50代の間に更年期に入ります。これにより、ホルモンのバランスが乱れやすくなり、お肌の質感も変わったと感じる人が増えます。肌質が敏感になる人も多くいます。最近の敏感肌用の基礎化粧品は研究が進んでいますので、敏感肌でも美白やエイジングケアを安心してすることができる基礎化粧品が増えています。

刺激を与えないようにする

敏感肌用の基礎化粧品でおすすめなのは、クリームと美容液です。特にクリームは敏感になったお肌を守ってくれる効果もあります。基礎化粧品で保湿をしっかりすることがとても大切ですが、基礎化粧品をつける前の洗顔を少し工夫することも大切です。50代のスキンケアで一番重要なことは、とにかくお肌への刺激を極力与えないということです。洗顔するときには、なるべくお肌を触らないようにしっかりと泡立ててからお肌にのせ、泡で洗うように優しく洗うことを心がけます。化粧水もパシャパシャとつけるよりも、手に一度化粧水を取って人肌に暖めてから肌に乗せるようなイメージでやさしくつけるのが良いです。また、シートマスクやコットンなどで浸透させるのもおすすめです。